ブルーハーツ
昨日は暑いといえど湿気がなかったので、なかなか快適な一日でした。30度越えているのに、湿気がないと過ごしやすい。
(今日は朝から湿気がどーんと。鬱だ)


さて、夏休みももう終わりなので、やっぱり書いとこうかな、と。

The Bluehearts

このバンドは、もうほんとに青春をかけた超熱心なファンの方もいて、下手なことを書くと石が飛んできそうなので、個々の歌についてはあまり多くは書きませんが

80年代後半。前にハマショーのことを書いたときにもちょっと触れたのですが、あの時代は本当に不健康な時代で。

土地の値が上がって社会人は家が買えなくなっちゃって、その分財テクに走って、マスコミもそれを煽るだけ煽って、家が買えない分変なゼイタクに走る人もいて、中身があまりないグルメブームみたいなことも。その反面、過労死なんてこともたっくさん起こってきた時代です。

中学とかでは「荒れる学校」みたいのが出始めで、管理教育も、とても人間を扱っているとは思えない教育をしていたようで、その分というか、親や先生に対するフラストレーションが「いじめ」につながったり。子供も受難の時代でした。

ハマショーの歌を見ていると、年齢はだいたい18歳から20歳代はじめ、社会に出て、何でこんなに世の中変なんだよ、と気づき始めた年代が主人公になっている。

それに対して、ブルーハーツは14歳から20代前半、まさに世の中のことは何にもわからないけど、そのとばっちりのストレスだけを受け続けていた世代のことを歌っているような。

それだけに、この世代のブルーハーツへの思い入れはすごく強くて、ブルーハーツのファンだった人の日記なんかを読んでいると、すべての歌詞をそらんじていて、受験の時は歌いながら頑張った、というくらい、まさにその人その人の人生そのものになっている、という感じです。

ブルーハーツはけっこうメッセージ性の高い歌詞が多くて、「おちこぼれ」に対して「がんばれー」といった歌詞があるかと思うと、「チェルノブイリ」とか「青空」のような、社会性の高い歌詞があったり。

おちこぼれとか、いじめとかについての曲はヒロトことボーカルの甲本ヒロト、社会性の高い抽象的な歌はマーシーことギターの真島昌利、という、この二人のフロントマンのバランスも絶妙でした。

彼らは94年6月、阪神大震災やオウム事件の前に解散してしまいました。宗教問題とも言われていますが、やっぱり「ブルーハーツ」としての彼らのエネルギーが枯渇した、というのが正しいところではないかと思います。

私は解散してかなりたってから聴きはじめた、それも彼らのメッセージではなく「音」のほうに多くを惹かれて聴きはじめた部類なので、そんなにメッセージにはのめりこまないのですが、それでも、ヒロトとマーシーが解散してすぐはじめたハイロウズと音の傾向がよく似ているにもかかわらずブルーハーツの方に魅力を感じるというのは、メッセージの切実さから出るエネルギーに惹かれているからではないかと思います。

音楽性としては、メロディーラインはポップ、リズムはハード、と、これ系の音が好きな人にはたまらない、生きのいいバンドです。


で、こちらの方で彼らのライブを見ることができます(9/1まで)
The Bluehearts

今まで発売されたライブビデオを編集したもので、コアなファンにはあまり意味はありませんが、まずは彼らのライブを聴いてみよう、という人にはお奨め。

最近カバーされた「ラブレター」なんかのまったりした感じもとてもいいですがやっぱり最後の「Train-Train」からの3曲はすごい。元気がほしい時に、ぜひ。

ドラマーの梶くんこと梶原徹也くんは叩きながら歌うのですが、もちろん聴こえないので、金魚が口をパクパクさせてるみたいでちょっとほほえましいです。

最後の「リンダリンダ」は、どこか海賊版のような録り方になっていて、ドラムの音が異常にフューチャーされているのですが、これを大音量で聞くとたまらない。

gyaoは接続がすごく悪いのですが(接続できないとIEが強制終了になるので、他の窓は開いておかないようにお奨めします)、時間をおいて接続すると見れます。夜がつながりやすいです。


8月15日。忙しくて書きそびれてしまいましたが、やっぱり個人的な気持ちとしてはこれなのです。


あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう



このつらい時代を生きる、すべての人に。








ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
好きなアーチスト
[PR]
# by summer21st | 2005-08-23 08:25
ライブドアユーザーはとばっちりでは
生扉のあの方、さっそく広島で話題のようですね。
Excite エキサイト : 政治ニュース
 ライブドア社長堀江貴文氏(32)の出馬表明で注目選挙区となった衆院広島6区で、無所属の堀江氏、国民新党の亀井静香・自民党元政調会長(68)、民主党の前議員・佐藤公治氏(46)の3氏は20日午後、選挙本番に向けて集会や視察などを精力的にこなした。
 堀江氏は午前に訪れた府中市から足を延ばし、亀井氏の地盤である庄原、三次両市などを視察。JR駅前で車を降りると、携帯電話のカメラで撮影しようとする人だかりができた。
 汗を流し、顔を紅潮させて支持を訴える堀江氏。握手された中年の女性は「ファンだけど、票を入れるかどうかは別」と話した。
 「郵政民営化推進派」を自任する堀江氏は、庄原市内の簡保施設にも立ち寄り「ランニングコースは良かったですよ」。三原市では名産のダルマを選挙用に購入した。

「ファンだけど、票を入れるかどうかは別」

「ファン」。

・・・

元メモライザーの私としては、「ファン」の方のお気持ちはよくわからないのですが。


気になるのはこちら。
ライブドアブログのトップから。
http://www.blog.livedoor.com/
平素よりlivedoorをご利用いただき、誠にありがとうございます。
弊社サービスご利用上の注意事項につきまして、ご案内申し上げます。

平成17年9月11日に第44回衆議院議員総選挙が行われますが、特定の候補者、政党に関する表現等につきましては、livedoor利用規約第8条(禁止事項)第1項(9)「選挙運動又はこれに類似する行為、公職選挙法に違反する行為」に抵触する恐れがございますので、弊社にて削除させていただく場合がございます。

あらかじめ、上記をご理解いただき、サービスをご利用くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



・・・って。

ライブドアブログの人は、選挙関連のこと書いちゃあならんということですか。

シャッチョさんが出馬するから?

えーと・・・


確かに、今のご時世、一人でブログを何個も持って、「○○党は気に食わない」だの「××議員は素晴らしい」だのお仕事で書いている人もいても不思議じゃない。2ちゃんねるのお買い物板なんかはライバル会社への誹謗中傷ひどいし。

そうでなくても、批判というものの名を借りた誹謗中傷の記事もあそこには多いので(まあ人がたくさん集まると、管理が悪いところは荒れますわね)、そういうのを見なくていいというのはありますが

でも

そういう問題でもない気がするのですが。

経営者が出馬したからって、ブログユーザーが好きなこと書けないって、ちょっとひどくありませんかい。

あそこは昔からユーザーのことなんて考えない会社だけども。


彼は無所属だから、他のすべての党を批判したら削除の可能性があるってことになりますか。

個人的には党批判とか、特定の議員批判とかじゃなく、政策の分析が読みたいけども。これでそういう記事が増えてくれたら怪我の功名だけども。

でもやっぱり言論の自由つものがありましてですね。




と、なんだかむにゃむにゃしてしまう夏の朝であります。





ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
選挙2005
[PR]
# by summer21st | 2005-08-22 07:47
エキサイトに移って
アクセスが1/100に。すごいなあ。gooって、ポータルとしてすごいところだったのですね。

と思ったら、pingがオフになっていた。なるほど、自分で投稿のたびにチェックしないと飛ばない設定になっているのか。

こういうのはどうなのかな。でも隠し日記の人なんかにはいいかもしれない。とりあえずこの記事は飛ばす設定にしてみました。

はてなもそうだけど、エキサイトさんもどことなくブログの離れ小島と言うイメージがあるのですね。前までは外部からトラックバックすると文字化けしたし。

そういう興味もあって、中に入るとメリットあるのでは、という感じがして移ってみたのですが。どうなのかはこれからのお楽しみ。

でもHTML編集、いじってみましたが、自由度今ひとつ低いです。

これはいらない、と思った項目をHTMLでばっさり切るとエラー表示が出る。

いらないから切ってるんだっつーに。

いろいろとレイアウトもあちらで用意されているのですが、JUGEMやFC2、SweetBoxとかでHTMLばっと出されてやりたい放題してきた身にはかなりやりにくいかも。エンピツさんでさえなんでもできるのに、少々過保護ではないですか、エキサイトさん。

IDを出さないようにHTMLで切ろうとするとエラーが出るので、CSSでdisplay:noneで操作しないと消えない。しかもそれをしても「by」が残っておみっともない。ううむ。おまけに残ってるところには残ってるし。どこを操作してもこれは消えないし。

ブログにメールのIDそのまんま出ちゃうって、あまりいいことではないと思うのですが。やっぱりエキサイトのメルアドは使えないなあ。とほほ。


自由度低い、でも管理はしっかりしますよ、安心して日記書いてくださっていいですよ、という感じかも。ユーザーが何を選ぶか、ということでしょうね。個人的にはちょっとやりにくいけど、他のブログ企業があまりにいいかげんなので、自由度よりは安心を選ぶかな。こちらの管理の質の高さは買っているので、安定、堅実であればよい、という感じです。

ちなみに、HTMLのところに自分の好きなものはさすがに入れられるので、アクセス解析とかJavascriptは入れられるはずです。まだ試してないけども。(でもblogpeopleとか入れてる人ってあまり見ないから、できないのだろうか。ニンジャはよく見るけど)。

検索除けのタグも入れられますので、ひっそり仲間内だけに見てほしい人にはいごこちいいところかもしれない。

さて、いろいろ実験・・・ですが、どうなりますことやら。
引き続きお試しで。




ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングにあらず。ただのTBセンターでございます)
MEMORIZERS
ブログについて
[PR]
# by summer21st | 2005-08-21 09:19