今年の10大ニュース(国内・海外)
クリスマス3連休も終わりましたが、皆さんいかがお過ごしでしたか。
関東では3日ともよい天気に恵まれて、寒いなりにそこそこ過ごしやすい連休でございました。

で、クリスマスの翌日はボクシングデイ。

クリスマスをいい子で過ごしたから、翌日は殴り合って過ごそうぜ、いえーい

ではなく、貧しい方々のために喜捨をする日でございますね。


もともとサンタクロースさんと贈り物の起源はここから来てるわけで、聖ニコラスさんという方が始めた習慣ですけども、まあサンタさんはサンタさんで夢があっていいけども、こっちの方もやっちゃいましょうよ奥さん、みたいな。

まあ喜捨は自分のためにするものなので(いろんな意味で)、「この楽しい瞬間にも貧しい人々がっっっ!」みたいに他人様に強制するのは野暮でござんすが、この日も忘れないでねん、て話でございます。



さて、2005年もいよいよカウントダウンなので、10大ニュースなどをやってみようかと。

こっちのアンケートでは、どうも組織票が入ったのか、中国に異常に人気が集まってますが(注:ユーザーさんが入れた記事です。元は読売さんの10大ニュースから引っ張ってます)、そのほかはまあこんなものかなと。とりあえず、読売さんが選んだ10大ニュースでやってみましょう。ではどうぞ。


日本編
1 JR福知山線で脱線、107人死亡

これまだ原因わかってないんですよね。
いじめに近い日勤教育なんかが話題になりましたが、民営化の結果?とも。
ただ陸の事故では最大級のものであったことは確かです。


2 愛知万博開催

結局行きませんでしたが、けっこう、と言うか、異常に人が来ていたそうで。入場までにむちゃくちゃ並ばされた、という記事があちこちに出ていました。テロを恐れてペットボトルと弁当禁止、というのがまず話題でしたが、さすがに弁当はあとでOKになったとか。中の飲食店、むやみに高かったらしいですし、日本のせこさを世界に広めなくてよかったです。


3 紀宮さま、ご結婚

シンプルなドレスがかわいかったですね。ルパン三世のクラリスのドレスではないかと話題になりましたが(あの方はじつはアニメヲタクだそうだし)お幸せに。


4 衆院選で自民圧勝

小選挙区制のマジックということですが、選挙制度であれだけ差が出るのは怖いものがあります。小泉劇場はおなかいっぱい、演出過剰でした。あの例の森元首相の「干からびたチーズ」も二人で決めたお芝居だったとか。竹中さんの息のかかった広告代理店による「B層」も話題になりました。


5 耐震強度偽装事件で大揺れ

建築業界、不動産業界、もともと「そういうところ」ではありますが、気合を入れないと家が買えない、というあほな状況は、もうそろそろ終わりにしないと。床が腐っていたとか、すぐにカビが生えたとか、マンションの手抜きはしょっちゅうですから。テレビでは強度の偽装とともに、某氏のヅラ疑惑も話題になりました。


6 アスベスト関連死、続々と明るみ

こういう、もみ消しに入ればわからなくなるような事件をマスコミは丁寧に追ってほしいものです。気概があれば。かつての公害問題も、もみ消された事件が多かったみたいだしなー


7 郵政民営化関連法が成立

大規模民営化、仕上げに入りつつあります。
世界の金融センターになれるか、アメリカの食い物になるか。
日本の金融センスでセンターになれるのか、どうか。


8 ロッテ、31年ぶり日本一

バレンタインさんの笑顔が素敵でしたね。あんまり縁がない球団なので、阪神のセ優勝の方が印象に残っているんですが。にしても、日本シリーズあっけなさ過ぎたなあ。


9 野口さん、宇宙へ

シャトルの事故の後だったので、業績よりも無事に帰ってきてくれたことの方がうれしかったです。おつかれさま。


10 横綱朝青龍が史上初の7連覇

うーん、みたいですね。
このごろ相撲見ないからなー。


で、海外。


海外編
1 米南部に超大型ハリケーン襲来

イラク戦争にお金をつぎ込んで、堤防の補修さぼってましたぁ、という人災。
富裕階級は先に逃げちゃって、貧困層が取り残されて、それがまた略奪など。公的援助はだいぶ遅くになってきたようです。バスで逃げようとしてそれが事故にあって、20数人のお年寄りが亡くなったという悲劇もありました。世界でもっとも豊かな国の貧しい支援が話題になりました。


2 ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が死去

語学が抜群にうまくて、来日した時も短期間で学習したとは思えないしっかりした発音をしていましたね。あの来日の時のビデオが何回も流されていました。頭がまんまるくて、ゴルバチョフに頭の形がそっくりでした。スラブ系はみんな頭が丸いのか。今の教皇は、口が裂けて耳がとがってるのでかなり損をしているような(まあそれ以外の理由が大きいんですが)。


3 ロンドンで同時爆破テロ

これもよくわからない事件で、アルカーイダが声明を出しましたが、実行犯はだまされて利用されたんじゃないか、という説もまだ有力です。その後ブラジルの青年が取り締まりで亡くなるなど、スコットランドヤードも混乱、失態が続きました。


4 パキスタンで大地震

犠牲者数万人、あれだけの災害が、日本では選挙の方に気をとられ、続報も少なかったのがなかなか複雑な気分にさせられました。現地ではもう冬が来るので、凍死者も出ると言われています。小泉チルドレンはもうどうでもいいから、こっちを報道すれば・・・


5 NY原油が高騰、初の60ドルに

じわじわと。今年は世界的に寒い冬だと言われていますが、灯油の値段も上がっています。失業している人も多くなってきて、暖房を入れられない人が増えてきた日本、そう呑気な話題ではなさそうです・・・・。


6 仏の暴動、全土に拡大

警官に追われた青年が死んだことから来る暴動ですが、前から就職差別の話題はヨーロッパ中どこでもあったので・・・。フランスの失業問題、まじに深刻なので、ちょっとしたことで爆発するというのを如実に示しました。現地ではアラブ系に対する批判が強まっているそうで。どちらが悪い、という問題ではないですが・・・


7 米シャトル打ち上げ成功

野口さんのとこでも書きましたが、かえって来てくれたことが最上の効果。


8 ブッシュ米大統領が2期目就任

日本にはいい大統領と言われていますが、へんな牛は食べさせられるし、戦争のためのアメリカ国債は買わされるし。そのうち遺伝子組み換え作物も買ってぇ、になるかも。民主党でも似たり寄ったりですが、まあ民主党になったら、戦争控えめにはなったでしょう(あくまで控えめ)。


9 中国で鳥インフルエンザ死者

SARS、今年はどうなんでしょうね。まだインフルエンザ出てきてないみたいですが。大人はともかく、小さい子供が心配です。各国で禁輸措置がとられてますが・・・


10 北朝鮮が核保有認める

アメリカはイスラエルほど日本を大事に思ってないわけなので、「先制的自衛権」で軍隊は出してくれないでしょうね。その前にイラン。
アメリカと中国、大国の世界戦略に踊らされてパニックになるのはばかばかしいものですが、さて。


番外 インド洋大津波

あまりにも被害が甚大すぎて、まだ実感がつかめないところですが、戦争、災害含めてここ数十年で最大の被害であったことは確かです。
海沿いの町がすべて波にさらわれ、モスクしか残っていない映像が印象的でした。



こっちの日記では時事関係なるべくしたくないので、あっさりとこんなとこで。


今年も難しい事件が続いて、去年の漢字「災」が尾を引いているような。今年の漢字は「愛」だそうですが、愛はなかった気が。ライブ8とかあって、欧米ではそれなりに盛り上がったみたいですが、それ以上にいろいろなことがあった。


日本では小泉劇場に振り回された一年でしたが、来年はせめて静かな一年であってほしい。と思うのですが、どうなりますことか。


とりあえず、お掃除をして、年越しそばを食べて新年を迎えましょう。
先が見えない時は、日常をしっかり過ごすことでございましょう。
寒いですが、もうひと踏ん張り、と。












ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
2005年:今年の十大ニュース
[PR]
by summer21st | 2005-12-26 22:35
<< niftyはテキストサイトでい... MEMORIZERS:ランダム... >>