女性のためのコンビニ am/pm、都内で1号店
昨日は各地で大雪だったそうで。こんもり積もってますねえ。12月からこれってどうよ、という話が各地で聞かれますが、確かに寒い。


で今日は20日、皆さん卒論無事提出なさったようでおめでとうございます。いろいろありますが、今はゆっくりと休んで、こたつでみかんを食べてぬくぬくして下さい。お疲れ様です。



さて女性の方には朗報?になるんでしょうか。
女性のためのコンビニ am/pm、都内で1号店 [ 12月19日 17時03分 ]
 am/pmジャパンは19日、東京都港区虎ノ門に女性が利用しやすいよう工夫した新型コンビニ「HAPPILY(ハピリィ)」の第1号店を開いた。化粧品やサプリメント(健康補助食品)などの品ぞろえを充実させ、OL層などの集客を高めたい考え。
 化粧品は普通のコンビニの約10倍の2500種類を扱うほか、サプリメントも約240種類。自然食を意識した弁当、小分けした総菜や健康・美容によいジュース、焼き芋や高級肉まんなど、女性に人気の商品をそろえた。
 深夜を除き店員も女性のみ。女性専用トイレを設置し、雑誌も基本的に女性誌のみ。来年2月までに首都圏に3店舗を「実験的に」展開。その後の反応を見て、地方の店にも広げていく方針だ。


女性専用車両に続いて、また女性専用?と言われるかもしれませんが、この虎ノ門という町は、官公庁に近いビジネス街で、言って見れば古くからの「男性の町」だったわけです。お昼のレストランとかも、もうボリュームたっぷり、脂ぎってます、というメニューが多くて、質より量!男はスタミナ!という、まあ企業戦士の町です。

そこに女性のためのコンビニ、というのは、うーん、まあこの辺のOLさんたちにはいいかもしれない。あの辺、永田町と一緒で、オサレな雰囲気がいまひとつない町だし。女性向け商品はたしかに少ないし。

ただそれがビジネスとしてどうか、ということになると、うーんどうなんでしょうねえ。あの辺、官公庁が多いし、OLさんたち、ほとんど官公庁の生協とか職員食堂に行くし、それで間に合ってるんじゃないかと。会社の近くで買うのって、お昼ご飯と、伝線した時ストッキングくらいだし。

am/pmは中堅どころのコンビニですが、外してるんじゃないかなあ。まあ失敗したら品揃えを変えればいいだけだからそうリスクはない実験ですが。



ちなみに、官公庁の食堂ですが、外務省の食堂がおいしいという評判。

「外務省」の食堂というだけで、世界各地のおいしいものが集まっているイメージがありますね。カフェオレとパリジャンとか。タンドリーチキンとナンとか。フカヒレと北京ダックとか(ほとんど妄想)。



ああ、外務省に就職すればよかった(食堂で人生決めるのか)。









ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
今日のニュース
(国会議事堂の食堂っておいしいんだろうか)
[PR]
by summer21st | 2005-12-20 21:21
<< 米牛肉、輸入再開 「SAYURI」による連想など >>