みずほ証券大量注文ミス
先日のハッシュドポテト、紆余曲折の末、無事完食いたしました。

キムチの漬け汁とかのおかげでもありますが、あんなに油臭いと思っていたハッシュドポテトが、最後にはおいしく感じていた自分がちょっと恐ろしい。やっぱり油脂と糖分って依存性があるのだらうか。



さて、今日は下手をすると歴史に残るかもという大事件が。

みずほ証券が大量注文ミス 巨額損失の可能性も
 準大手証券のみずほ証券は8日、東京証券取引所マザーズに同日上場した人材サービスのジェイコム(大阪市)の株取引で、大規模な注文ミスをしたと発表した。誤って発行済み株式総数の約40倍に当たる約61万株を1株1円で売る注文を出した結果、大半に買い手がつき、みずほは巨額の損失を抱える可能性がある。東証1部市場は誤注文情報で不安が広がり、平均株価は301円の大幅下落となった。
 みずほ証券は「対応策は東証と協議中」としているが、仮に誤注文を出した株をすべて買い戻した場合、売却価格と買い戻し価格の差額である損失は最大1000億円超となり、同社の経営に大きな影響を与える恐れがある。事態を重視した金融庁や東証は調査に乗り出し、国内で前例のない巨額の注文ミスとなった。


・・・・もしかしたら、これ相当やばいことになるかもしれない。

他のとこならともかく、メガバンクみずほグループですし。
かなりの投資家が損失を被ったらしいですし、下手なことをすると「ブラックマンデー」並みの大暴落になるかも。



原因は61万と1とを逆にしたという単純なミスらしいですが、ミスした本人は生きた心地がしないだろうなあ。




昔いた会社で、60近い年配女性で、それなのにずっとヒラの方がいました。

なんというか、新人いじめが大好きで、給湯室やトイレで会うと人の悪口しか言わない、でも仕事はできない、というので、かなり評判が悪い方でした。

ある時、うちの同期の子が「何であんな人雇ってるの?」と古株の社員さんに聞いたら、実はその部の課長さんが仕事でとんでもないミスをして、でも会社はそのミスを彼女になすりつけたのだそうです。だから彼女には恩があって、絶対にやめさせられないのだと。

そのミスというのは、多分数千万の損失、悪くすれば会社が倒産したかも、というものでした。

その課長さんは、ボケボケですがさわやか系で売っている人で、女の子の評判もそう悪くはなかった人でした。

その手の話はごろごろしてて、だれそれの何とかはナニナニ部長が原因だとか、あの人が出世できないのは何とかさんと対立したせいだとか。

うちの会社だけがトンデモな人集まってるのかなあ、と思っていましたけども、いろいろな話を聞くとどこの会社でも何がしかのことはあるんだなあ、と。


彼女とは部署も違ったし、親しくもなかったのですが、彼女がああだったのは、そういうこともあったのかな、と思ったり。



今回の単純ミスが市場の大混乱につながらなければいい、と思うと同時に、これでだれかが犠牲になったり、追い詰められて悲しい事件が起きなければいいな、と、ふと思ってしまいました。





投票へ行こう!



ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
今日のニュース
[PR]
by summer21st | 2005-12-10 19:35
<< ネコ缶というのはやはりキャット... 日記才人、リニューアル >>