『メドゥーサ』かわぐちかいじ
今日は一日雨が降ったりやんだりの寒い一日でした。
さすがに暖房はまだ出していませんが、この、からだが寒さに慣れるまでの時期がなんともいやですねぇ。

知人が「暖房出すのは、戌の日まで待たなきゃ」と言っていたのですが、なぜ戌の日?


さて、やっぱりBookOffで買ってきたのがかわぐちかいじの『メドゥーサ』。

例の赤軍派の「革命する美女」重信房子をモデルとした学生運動のマンガです。

政治家の元に引き取られた孤児の主人公が、その娘と恋に落ちるも、彼女は父への反発から学生運動に飛び込んで流れるままに過激派に、主人公の方は田中角栄をモデルにした政治家の派閥に入って政治家への道を、と、いう、革命と政治を絡ませたラブストーリーにもなっています。

東大の安田講堂事件やら内ゲバやら、政界では田中角栄のロッキード事件やら、と、いろんな時代を象徴するものがでてきます。

前にぱらっと読んだ時にはなんてどろどろしたマンガなんだろう、と、ほとんど読まないままだったのですが、それなりに時代のストーリーをつかめた今読むと、あっさりしすぎてるかなー、という印象も。

あの時代の若者の、どうしようもなく傲慢な独善性と、その裏返しの限りない純粋さとエネルギーのまざった感じが描けているかというと、あーんまり描けていない気がするのですね。作者の思いが先行しすぎてしまったかなー、と。まあ作者の思想はバランスが取れていて間違ってはいないのですけども、キャラクターがあまり上手く動いてくれていないような。

この人のマンガはいつもそうで、キャラクターにストーリーが振り回されて、最後は尻切れとんぼ、という話がとっても多いです。

青年誌版「ガラスの仮面」である「アクター」も、途中まではすごく面白いのですけど、最後は、何なんだ、という終り方になってしまったし、レオナルド・ダ・ビンチを描いた漫画も収拾がつかなくなって途中で打ち切り、「沈黙の艦隊」の海江田艦長の少年時代を描いたマンガも、最後はどうなんだ、みたいに力が抜けたような感じになってしまって。「沈黙の艦隊」は、キャラクターがストーリーどおり動いてくれた稀有な例なのではないでしょうか。

漫画家は、プロット型の作家さんと、キャラクター先行の作家さんとがいると思うのですが、彼はプロットでまずガチガチに固めた方がよいのではないのかなー、という気がします。キャラクターに好き放題やらせているとプロットがめちゃくちゃになる。

「メドゥーサ」も、キャラクターとストーリーのエネルギーが今ひとつ一致していないもやもや感があるのですが、最後はどうなるのでしょうか。一応すでに完結しているはずなので、続きがあったら読みますが。


それはともかく、本題はですね。一応ヒロインは、学生運動の中では最高の美女といわれた女性で、主人公とのラブシーンなんかもあったりするのですが。

えーとですね。

男同士が抱き合ってるみたいなんですよ。


この人の描く女性は、出るところ出て、しまるところはしまっているという感じで、しっかりお肉がついているのですが、なんていうか、女性の柔らかさとか華奢な感じとか全然なくて、同性としては、すごく違和感があるのですね。

この時代の学生は今よりずっと大人でしたが、それでも20歳前後の女性。まだ少女性が残っているはずなんですが、この人の描く女性はすべて30歳前くらいの成熟した女性なんですね。男性と抱きあっても、折れてしまいそう、とかそういうのは全然なくて、なんか対等にプロレスやってるような気がしてしまうw

男性でも、そういう少女性みたいなものを描くのがすごく上手い人もいるのですが、この人は体も心も「プチ男性」みたいな女性になってて、だからラブシーンがどっすんばったんのプロレスみたいに見えてしまって、エロくない。可笑しいw

男性と同じ事をしていて、その中に見える女性性というのがこの物語の1つのキモであったはずなんですが、そのリアリティがいまいち・・・



ちなみに、実在の重信房子ですが、美女という評判は確かに高かったようです。実際の写真を見てどうかというと、うーん、美女かどうかより、70年代モードがきつすぎて、そっちの違和感が先に出て、私はよくわからなかったです。ただ、スタイルはかなりスレンダーですらっとしてるので、どちらかというと華奢な感じがしました。


個人的には、革命のイデオロギーの熱さと思想硬化した部分、大人の女と少女性が入り混じった描き方をしたら面白いかなあ、という気が。岡野玲子さんあたりがクールに描いてくれるといいなとちょっと期待。あの時代はいま2ちゃんねるあたりで人工的に再現されている感じで、日本人が描くにはまだ生々しすぎるかもしれませんが。







投票へ行こう!
この話には関係ないのですが、興味のある方はサイトに飛んであげてくださいませ。




ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
今日読んだ漫画。
[PR]
by summer21st | 2005-10-23 02:23
<< 新潟中越地震から一年 『舞姫(テレプシコーラ) 』山岸涼子 >>