大豆が危なくなったら暴動を起こすぞ
今日は久々に晴れ間が見えて、空気が軽いです。
きんもくせいの香りもただよって。
これ、台風が来ると花が一気に散っちゃうので、少しでも長く楽しめたらいいなあ。


さて不気味なニュース。
米国産牛肉の輸入再開に向け明るい展望=官房長官
 [東京 5日 ロイター] 細田官房長官は、米国産牛肉などの輸入再開条件を審議する内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会が、「牛海綿状脳症(BSE)の汚染の可能性は非常に低い」との見解で一致したことを受け、「(輸入再開に)明るい展望で、一つの見通しが立った」と歓迎の意向を示した。午前の記者会見で述べた。
 輸入が検討されているのは生後20カ月以下で、脳や脊髄(せきずい)などの特定危険部位を除去した米国、カナダ産牛肉とその内臓。同調査会は4日、輸入対象牛肉について、BSEの汚染の可能性は非常に低いとした。


ほんとかぁ。

前からこの委員会は、結論を急いでいるのでは?とか何とか言われていたので、予定調和の結論ではないかという疑念が。

アメリカの農業ロビー、強いですからねー。
しかも、安い牛肉恵んでやってるのに何で買わんのじゃ、と本気で思ってるらしいし(危険な肉はいらん)。

アメリカに住んでいる方もこんなことを書かれているので、なるべく自衛だなあ。

でも、危ないのは加工食品。コンビーフなんて、どこの肉使われてるかわからないし、レトルトカレーとかの肉も、どこの肉じゃ、というくらいの細切れだし、ゼラチンとかの牛由来食品で、かなりの加工食品に使われてますしねー。ゼラチンの入った昔っぽいヨーグルトは実は好きなのに。悲しいぞ。

欧米とかでは、モラルとかエコロジー以外に、食が信用できない、という理由でベジタリアンになる人も増えているとか。あっちの飼料、ほんとにコストしか考えてない、何が入ってるかわからない、みたいな感じだし、そういうのが増えるのもむべなるかな、と思ったりします。

わたくしはモラルでもエコロジーでもなく、びんぼー由来でベジタリアンまがいの生活を送っておりますが(おごってもらえればおいしく食べますw)、だんだん食べられないものが増えてきたような。

肉はいらんから、大豆だけは自給率を上げてくれぇ。
納豆をこの上なく愛するわたくしとしては、大豆が危なくなったら暴動を起こそうとひそかに思う今日この頃です。





ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
今日のニュース
[PR]
by summer21st | 2005-10-07 12:56
<< 「スローブログ宣言!」 勇気があったらイチゴミルクもんじゃ >>