やっぱりゼイタクなPCというお道具
昨日のお彼岸はお天気ちょっと回復、蒸すけど秋らしいいい天気だったのが、今日は予報どおり朝から前線が。朝の雨の音というのは、ホワイトノイズだそうで、ぐっすり眠れてよいのですが、んー、雨かー。


で昨日のディスプレイの話ですが、原因がディスプレイにあるとはっきりしていて、しかも修理代金が高くて、そんなら買い替えの時まで我慢する、という話だったら、すぐさま他のディスプレイを買ってきて接続することをお奨めしますです。

CRTだったらアキバのジャンク屋で数千円という話ですし(重いし場所とるけど)、新型液晶でも3万円弱。修理だとボード代で4千円弱+技術料1万5千円弱+消費税で2万近く取られますから。それでもノートとして長く使いたいんだ、というなら修理が賢明でしょうけども(部品は生産してから7年でなくなるので、あとになると修理したくても部品がないという話にも)。でも、中古PCで2万ちょっとで売ってることもありますし、修理で2万というのは・・・悩みますね。

でももしほんとうにほんとうに今日明日の仕事かかえていて、ディスプレイが早急に必要な場合は、迷わず外付けディスプレイ買った方がお得です。なんてったって、目に来る負担が違いますから。いまはプラグ&プレイで、接続すればドライバ入れなくても勝手に機器が認識してくれるようになってる機械が多いので、ぱぱっと買ってしまった方が修理よりお得・・・のような気も。

(ディスプレイだけが原因かどうかは、テレビに接続するとすぐわかります。無事に映って、普通に動作すればディスプレイが原因つことになります。テレビはテキストを読むにはまったく適していませんが、そういうチェック用には便利です)




でも、PCって、新型ノートで値引きして15万弱、デスクトップでも10万弱、で、だいたい5年が寿命、というと、

1年で2万から3万ということですか。

んー。

お遊びのおもちゃとしては、ちょっと高くつきすぎだなあ。仕事で減価償却するならまあまあだろうけども。

消耗するところは、ディスプレイのバックライトと、あとハードディスクなんで、バラバラに買い替えできるようデスクトップにしていても、ちょっとなー。

ハードディスクは、外付けのハードディスクを買いたいなあ、と常々思っておるのですが(値引きで1万ちょっと)。

何をするにしても、お金のかかるお道具です。

XPが入っていてDVDが見れる機種だと、デスクトップで5万弱(ディスプレイ別)でもうあるのですが、当然東芝さんとかソニーさんとかじゃなく、外資のよくわからないメーカー製でして。

メインでグローバリズムのことをちょいと書きましたけども、国産品を買ってグローバリズムに対抗するというのは、この不況の中、貧乏人には難しい時代になりましたです。もちろん、フェアトレードも。

消費に積極的に貢献できないびんぼー人としては、せめて今あるマシンをごまかしごまかし使っていこうと思うのですがねぇ。反面、世の中はPCとネットがないとやってけない世の中にどんどんなっておりますし。壊れたらそれでいいや、とは言えない社会になっている。

PCというのは、欲望だけでは語れなくなってきておりますね。いっそ、アーミッシュの村で一生を過ごそうか、と思ってしまう秋の朝でございます。





ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
ITトラブル
[PR]
by summer21st | 2005-09-24 08:30
<< 台風シーズン クリアな画面って、すばらしい(泣) >>