クリアな画面って、すばらしい(泣)
さて9月の始めにディスプレイが壊れて、すぐにでも修理に出したかったのですが、手元で作業しなければならないことがいくつかありまして、メイン日記もしばらくこれで書いていたのですね。

ディスプレイ見えないのに、どうやって?

つまり

テレビにつないでました(泣)


あの、ビデオにつなぐ黄色い端子のケーブルがありますね。あれを引っこ抜いてパソコンの裏につないでFn+F3で表示切替。これでテレビでとりあえず画面が見えます。


見えますが

しかし

文字がほとんど読めません(号泣)


テレビというのは、かなり甘い画像を映す機械で、文字なんてとんでもない、という解像度の低さなのです。

ブラウザで文字の大きさを変えることはできますが、IEで最大にしても、ほとんどかすんでいて解読できません。

なので

記事はワードパッドにコピーして目いっぱい拡大して読んでました。


多分、弱視の方とかはそうやってネットをお使いなのでしょうが、これはほんとに大変です。なんつっても、文の中にリンクがあっても、どんなリンクだか解読できないので、うっかり踏めない。コピーして、リンクを探して、これかな?というものを恐る恐る踏む、という感じです。

さらに怖いのは、テキストは何とか拡大できても、操作のガイダンスのボタンなどが見えないことです。

そのボタンが保存なのか、修正なのか、削除なのか、ほとんどわからない。自分のブラウザは順番覚えているので何とか推測できましたが、ブログの管理画面なんかはもうお手上げです。

細かい作業がまったくわからないので、「おそらくこれが登録であろう」というボタンを押して、一発登録、推敲なし、という恐ろしいことをやっておりました(昨日、そのほとんど見えない状態でアップした日記を見て激鬱になりました。やっぱり、アップした状態で推敲しないとわからんですね 泣)。


最後の頃はテレビの方もいかれてきて、上下に画像がびびびとぶれてしまって、もうほとんどめくら打ちの状態で、普段見ないような至近距離でテレビを見て頭は痛くなるわ、電磁波を浴びて気持ち悪くなるわで、つくづくテレビなんてパソコンにつなげるものではない、と実感いたしました。


いまは普通にディスプレイ見えて、普通にボタンが見えているのですが、ボタンを押すのに「このデータはもしかしてすごく変なことになるかもしれない・・・」とどきどきしないでいいのは、ほんとに幸せです。ああ、クリアな画面ってすばらしい。


で、テレビを見ていたときに強く強く思ったことは、ディスプレイが見えるようになったら、いまダウンしてるミラーサイトを弱視の方専門に文字をでっかくしよう!ということ。

一応いまはサイト全体のメニューだけでっかいのを用意しておりますが、文字サイズ4くらいなのですね。

もし、私がテレビで見た状態が弱視の方の見ている世界あるいはもっとひどいのだとしたら、文字サイズ少なくとも6以上でないと役に立ちゃしねぇ、ということがわかったので。相対指定+でかい文字、というのは必須ですわ。

サイトにはいろいろリンクがあって、健常者だとすいすいとサーフィンできますが、そのリンクが見えないということがあるので、弱視の方が5ページ見るのにはえらい時間がかかるということがわかりました。



ということで、どうせミラーおいとくなら、役に立つ方がいいよね、ブログならどうせテンプレで一発で文字サイズ変えられるんだし♪と思って

スウィートボックスを覗いたら


まだダウンしてるのかい(脱力)


もうひと月以上なんですけど。


もう期待はあまりしないけど・・・ブクマ/リンクしてくださった方のためにデッドリンクにさせないための努力はしないとなので、それなりに待ってますから頼みます。文字サイズ大きくしたら少しはお役に立てることもあるかもしれないので。

(全盲の方のためにはIBMがvia voiceという商品を出しているようですが弱視の方には・・・? どちらにしても、条件の悪いマシンやブラウザでも見えるような工夫はしたいかな、と思ったりはします。)




ご意見・ご感想はこちらまで(ランキングでありません。ただのTBセンターです)
MEMORIZERS
ITトラブル
[PR]
by summer21st | 2005-09-23 11:41
<< やっぱりゼイタクなPCというお道具 ご迷惑おかけしました >>